更新がないのは元気な証拠。エミルクロニクルオンライン(ECO)の日記置き場。

  • «  2017·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •   »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categoryスポンサー広告  - - TOP

2014’12.02・Tue

ステラ・ロア 資料集

020-01

自分用にひっそり作ってたメモのようなものですが、
ECOサミット前にわちゃわちゃしているサークル参加側のお友達を見て
こういうのも役に立つかな?と思ったので公開してみようかなと。
※2014年の会話などは聖夜の天使・ステラの資料としてまとめるので
 ここには書きません。


※イリスと記憶の書架中の、同じメッセージでありながら
 ルートによって区切る場所が違う程度の差異は無視しています。


プロフィール
イリスカード
思い出星の物語
思い出星の物語・修正版
作者のメモ
十二の物語・想送の流れ星 台詞集
記憶の書架 台詞集
なんでもクエストカウンター 台詞集
心象世界 台詞集


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

プロフィール

020-02

ステラ・ロア

一言性格:積極的
好きなもの:思い出の詰まったもの、澄んだ星空
嫌いなもの:救いの無い結末


呼び方 ※()内は出典の一部。揺れがある場合この呼び方が多いというものを表記

アルカード:アルカードさん(アルカードさんの使い魔がなにやらいい仕事したみたいですけど、自分が何か忘れていることに気が付いた)
清姫:清姫さん(清姫さんはいつもドキドキしてるんです。ローレライさんは……ワクワク、かな?)
ル・フェイ:フェイさん(あの中で一人だけルール違反をしてた人いるんですよ。あの魔女のフェイさん)
バステト:
キャプテンキッド:
玉藻:
ローレライ:ローレライさん(ローレライさんは……ワクワク、かな?恋って、すっごいキラキラするんですよ)
パラケルスス:
ワーウルフ:
メフィストフェレス:
ルチフェロ:ルチフェロちゃん(ルチフェロちゃんはまだまだ思い出が少ないんです。色々なもの、見せてあげたいなぁ……)
ドラッキー:ドラッキーちゃん(ねえねえ、ドラッキーちゃん。あれ見せて、この前見せてくれた仮面つけてやーっ!ってあれ)
ブーフ:ブーフちゃん(ブーフちゃんに私の物語の原典が書かれていたという事は……おかあさん、なの?)
受付嬢:受付嬢さん(受付嬢さんはもっとドキドキするともっともっと魅力的になれると思いますっ)
アイリス:アイリスさん(あたしたち、アイリスさんが生み出したロアと言うわけじゃなくて、○○さんが物語を語りなおしたから……)
      紙芝居屋さん(はい、あれは本当に大変なお話でありました……って、この言い方はなんだか紙芝居屋さんみたいですね)


呼ばれ方 ※()内は出典の一部。揺れがある場合この呼び方が多いというものを表記

アルカード:
清姫:ステラちゃん(……って、ステラちゃん、悋気……って、嫉妬深いって事?)
ル・フェイ:
バステト:ステラ(まおう様も、そこにいるステラも、二人の紙芝居屋も……○○も、みんな、大好きなわたしの陽だまり)
キャプテンキッド:
玉藻:ステラさん(さぁ、ステラさん。えいやっとやっちゃってください♪)
ローレライ:
パラケルスス:
ワーウルフ:
メフィストフェレス:
ルチフェロ:ステラ(あら、どうしたの?ステラ。○○ともども魔王の軍団にはいる気になったならいつでもかんげいするわ)
ドラッキー:ステラ(ええ、ついでに小生の立場もなくなってしまう、です。……ふふ。それにしても、ステラは好奇心旺盛です)
ブーフ:ステラさん(……ステラさんって、頼りになる人かと思ったら、なんだか子供みたい……)
受付嬢:ステラ・ロア(ステラ・ロア、感謝するぞ。早速だが、何をすればいい?)
アイリス:ステラちゃん(思い出星のロア……だから、ステラちゃんってことでいいですか?)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

イリスカード

020-03


◆ステラ・ロア

とある、フシギな物語。
大切な思い出はいつか星になり
その人の所に帰ってくる。
それはアクロニアに伝わる、
他愛ないありふれたおとぎ話。

とても大事だったのに、
いつの間にか忘れてしまった、
かけがえのない記憶たち。

無くしても、失ってもいない。
思い出はきっと共にある。
君はきっと……一人ではない。

「また会えるって
信じてました」


020-04


◆ルチフェロとステラ

物語は終わり、幕は下りる。
カーテンコールの終わりは、
何者にも阻むことはできない。

物語の終わりを司る魔王は、
星に問いかける。終幕の先に
物語は存在しえるのか、と。

微笑みながら、星は答える。
新しい物語が生まれるために、
正しき終わりがあるのだ、と。

物語の終わりを知る物だけが ※者?
新しい物語の語り手になる。
物語は、常にあなたと共に。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

思い出星の物語

020-05


さあ、みなさん。
行く人、来る人、お暇な人、
是非是非足を止めて
お聞きになってくださいな。


此度語りますのは思い出の物語。
ひととせの終に廻り戻るという
人々の想いを乗せた
流れ星の物語でございます。


むかーしむかし、そのまた昔。
ごく普通の街に
ごく普通の女の子が
おりました。


女の子は一人ぼっちでしたが、
何にもさびしくありません。
大切なものに囲まれていたからです。


あるとき、女の子はかごの中に
たくさんのお弁当を詰めて、
街の外の森へ遊びに行きました。


森の中に女の子が入ると
誰かが泣く声がします。
おなかをすかせた子供が
えーんえーんと泣くのです。


女の子は自分のお弁当を
みんな子供にあげてしまいました。


ごく普通の女の子は優しい子で、
困っている人に自分の持ち物を
惜しみなく与えてしまいます。


皆は女の子に感謝しますが、
いつしか女の子は何一つとして
大切なものを持っていない
自分に気が付きました。


夜になって、そこでようやく
女の子はとてもさびしくなったのです。
皆を助ける事ができて
嬉しかったけれど、
自分は本当に一人ぼっちに
なってしまったからです。


満天の星が輝く丘の上で
女の子は声を上げて泣きました。
するとどうでしょう。
満天の星空からあまたの
星々が丘の上に降り注いだのです。


きらきら宝石のように輝く虹色の星には
たくさんの笑顔が映っていました。
女の子が助けた人たちは、
みんながみんな、幸せそうでした。
そして、みんながみんな、
女の子に感謝をしていました。


みんなの「ありがとう」の想いを
思い出して、女の子は
心の中がとても温かくなりました。


その時、降り注いだ星々から、
キラキラと光があふれて、
女の子を包みました。


気が付けば、すてきな衣装や、
花のたくさん詰まったかごが
女の子の身を包んでいたのです。


たくさんの思い出に囲まれて、
女の子はずっと、ずーっと
幸せに暮らしましたとさ。

おしまい♪


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

思い出星の物語・修正版

020-06


さあ、みなさん。
行く人、来る人、お暇な人、
是非是非足を止めて
お聞きになってくださいな。


ごく普通の女の子は優しい子で、
困っている人に自分の持ち物を
惜しみなく与えてしまいます。


皆は女の子に感謝しますが、
いつしか女の子は何一つとして
大切なものを持っていない
自分に気が付きました。


夜になって、そこでようやく
女の子はとてもさびしくなったのです。
皆を助ける事ができて
嬉しかったけれど、
自分は本当に一人ぼっちに
なってしまったからです。


満天の星が輝く丘の上で
女の子は声を上げて泣きました。
するとどうでしょう。
満天の星空からあまたの
星々が丘の上に降り注いだのです。


きらきら宝石のように輝く虹色の星には
たくさんの笑顔が映っていました。
女の子が助けた人たちは、


みんながみんな、幸せそうでした。
そして、みんながみんな、
女の子に感謝をしていました。


みんなの「ありがとう」の想いを
思い出して、女の子は
心の中がとても温かくなりました。


みんなの「ありがとう」の声は
遠く遠くはなれていても、
女の子の耳に届きました。


その時、降り注いだ星々から、
キラキラと光があふれて、
女の子を包みました。


お母さんが作ってくれたドレスと
お父さんが買ってくれた履物、
おばあさんから譲り受けた髪留めと
おじいさんが編んだかご。


他の誰かに与えてしまったけれど、
それと同じくらい、いえ、それ以上の
感謝の気持ちが、星となって
女の子の所に帰ってきたのです。


気が付けば、すてきな衣装や、
花のたくさん詰まったかごが
女の子の身を包んでいました。


たくさんの思い出に囲まれて、
女の子はずっと、ずーっと
幸せに暮らしましたとさ。

おしまい♪


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

作者のメモ

020-07


……このお話はわたしの作った
ものじゃないんです。
わたしが小さい頃に読んだ、
思い出星の絵本です。


このお話を読んで、知って、
わたしは……
「想いを形にすることができたら」
と願うようになりました。


今も、このおとぎ話は世界に
残っているんですよね?
これから先はわからないけれど、
未来にも残ってほしいと思います。
……そうすれば、現れてくれるはず。


……私はもしかしたら、
あなたに会うために研究者の道を
志したのかもしれません。


そして、最初の想いを
思い出させてくれて、ありがとう。
私は、この世界が大好きです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

十二の物語・想送の流れ星 台詞集

020-08


おっ、まっ、たっ、せーっ
しましたーっ!


……って、あれ?
なんだか珍しい状況ですね。
あれ、あたし、体があります?
しかも、夢の中じゃない?


もしかして……あたし、
何か間違えちゃったりしてます?


あー、なるほどー。
体があるって、なんだか妙な
感覚ですねぇ……まぁ、これはこれで
出来ることはいっぱいあるなぁ……


あ、ごめんなさい。
お呼ばれしてたの忘れてた。
えーっと……


……なんですよねー。
って、なんだか話が通じてませんね?
皆さんが一瞬見えなくなりましたけど
もしかして私の方が消えてました?


……。
ステラ、という名前は素敵ですね。
あたし、自分自身の名前は今まで
持っていなかったから、その名前を
使わせてもらいますね♪


で、あたしにお願いって何ですか?
出来る事なんて、思い出を形に……


ふんふん、はぁはぁ……
えっと……まぁ、できなくは
ないと思いますけど……
あー、でもそうですね。
その子、なんだか辛そうだし。
あたしで良ければ、お手伝いしますよ!


<ロアが揃っている>

ちょっと待ってくださいね。
今、自分の中の情報を整理して……
はい、なるほど……


共通ルートへ


<ロアが揃っていない>

ちょっと待ってくださいね。
今、自分の中の情報を整理して……
はい、なるほど。
確認しますけど、そのブーフちゃんの
体の中にあたし以外のロアが何人か
いる、って事であってます?


いいのいいの、あなたは今は
気にしちゃダメよ。
今は他の人に甘えちゃって♪
あたしのモットーは、力づくでも
ハッピーエンドがいいね、だからさ。
○○さん、
もちろん、あなたもですよ?


とはいえ、いくらあたしでも
今すぐここでどうこうってのは
出来ないんです。


この子に入っているロアに話をして、
移動することに同意してもらわないと
何もできませんからね~♪


さ、やることはわかったし、
○○さん、
さっそく行きましょう!


……あ。
あの、すいません。
他のロアって、今どこにいるんですか?
あの、あとですね……その、
お恥ずかしながら道がわからないので
どなたか道案内を……


では、
○○さん。
その、シアター4までの道案内を
お願いしていいですか?


……ステラさんって、頼りになる人かと
思ったら、なんだか子供みたい……。

「シアターって、あの映画が見れる
 シアターの事!? うそっ、
 あたし入るの初めて!」
なんて言って、とびこんで……  ※ブーフの台詞


……と言うわけで、
移動してもらうことは可能ですか?
元からいた方にも、ブーフさんの
所から移動してもらう方にも
ご不便はありますが……


あっ、お疲れ様です、
○○さん♪
すいません、映画館と聞いて
テンションが上がってしまって……


次の上映が始まるみたいですから、
……そろそろ、戻りましょうか?


はいっ、本当は少し違うんだけど、
わたしの出番ですねー♪
では、移動を始めますよ。


ブーフさんの心の中から、
○○さんの心の中へ。
思い出を、うつして……


えっ、そうなんですか?
あたしも体を持ったのはついさっきで、
人生経験でいえば一番の未熟者なの。
すいーつとか、おしゃれとか、
色々試してみたいんですよねー♪


どうしてっ!?
ロアはもうすべて移動したはず……


<共通ルート>

ぷはぁっ!
やっと、出られた!
ブーフちゃんは、無事ですかっ!?


いやぁ……ブーフちゃんがこうして
無事だったから言えることですけど、
この世界に生みだされて早々に
貴重な経験をしました……


そして、厳密には大違いですけど、
ブーフちゃんに私の物語の
原典が書かれていたという事は……
おかあさん、なの?


あの、よかったらこれ
受け取ってくれますか?
今日という日の、記念に。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

記憶の書架 台詞集

020-09


はいはいっ♪
お待たせしましたー。
とはいえ、やることはわりと
シンプルなんですよね。


今、私も一時的に入らせて
もらっていますけれど、
○○さんの
心の中にいる、私含めて12名の
ロアを一度外に出します。


で、改めて、正しいやり方で
心の中に戻す……という感じです。


もちろん、ロアの皆さんに
知らせないでやっちゃうと
皆混乱してしまうので、
ちゃんとみんなに話をしてから
じゃなきゃだめですよー?


あははっ、やー、仲良いですねぇ。
こういうのを掛け合いとか漫才って
言うんですよね?


ええ、みんなが色々と思い出に
残してくれていたから、知識の上で
知ってはいましたけど……
実際に見て、触れて、食べて、
喋って、わかって……本当に素敵です!


……!

それって、とっても素敵です♪
期待してますからね!


……さて、では私のお財布が
傷まないことが分かったところで、
改めてロアのみんなにあいさつに
行きましょうか♪


みなさん映画が気にいったみたいで、
今もシアター4にいるみたいですよ?


ええ、……
……ために……


……のために……ったら
……もっと……ですか?


……お手伝いを……


あ、きたきた、来ましたね♪
もぅ、おそいですよー!
上映に間に合いませんでした……
あたしもですけど……


ですよね、ですよねー!
あ、でも、サスペンス映画とか
ホラー映画の中に入りこんじゃうのは
短時間でも勘弁してほしいなぁ……
帰ってこれるってわかってても
怖いのは少し苦手だから……
あたしは見てるだけでいいかな。


あぁ、そういうのって素敵です♪
誰かの思い出が形になって、
きっと誰かの中に、その人は
帰ってきていたんですね……

あたしもモデルになった人とか、
もしかしたらいたりするのかな?


……って、なんだか話題が
派手に脱線しちゃってますね。

次の上映が始まるみたいですから、
……そろそろ、戻りましょうか?


次の上映が始まるみたいですから、
……そろそろ、戻りましょうか?


さて、ではでは、改めて
始めることにしますよー!
出会いは別れの始まり、
別れもまた、再開への第一歩。 ※再会?
では、よろしいですか?


……


……いえ、大丈夫です。
みなさんの思い出は、
あたしがずっと持ってますから。
たとえ、あたしが消えてしまっても。


○○さん。
まだ、あたしの声が聞こえますか?


あたし達ロアの物語……
これは嘘の物語、全ては作り物。
銀幕に流れた、一定時間だけの
異世界への旅にすぎません。
幕が下りたなら、あなたは日常に
戻らなければいけないんです。


……でも。
物語は終わるかもしれないけど、
決してなくなることはないの。


もし、あなたが望むなら……
星は、いつか必ずあなたの元に。
あなたが物語を伝えたい誰かにも、
きっと、思い出星は……


大切な思い出はいつか星になり
その人のところに帰ってくる。
それはアクロニアに伝わる、
他愛ないありふれたおとぎ話。 ※語り直したステラの物語


とても大事だったのに、
いつの間にか忘れてしまった、
かけがえのない記憶たち。

無くしても、失ってもいない。
思い出はきっと共にある。
君はきっと……一人ではない。 ※語り直したステラの物語


また会えるって信じてました!


○○さん、
ステラ……思い出星は、
ただいま皆さんの元に戻りました!


いえ、いいんです。
あの時は、それが必要だったんです。
でも、あれだけで終わっちゃ、
さみしすぎますよね。

みんなには言ってなかったかも
しれないんですけど……
わたし、ハッピーエンドが大好きなの!


さぁ、その調子です!
○○さん、
あなたの心の中に在る思い出を、
あなたの語る物語に変えて……
みんなの心に、届けてあげて!


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
幕開けを呼ぶ魔王、ルチフェロ!


物語は、もう、おしまい。


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
皮肉屋の悪魔、メフィストフェレス!


さぁ、忘れてしまったわ?


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
優しき人狼、ワーウルフ!


それならいっそ俺が……!


ご安心ください、
説明はまたあとでっ!


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
探求の錬金術師、パラケルスス!


それこそが”黄金”なのだ。


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
恋する人魚姫、ローレライ!


あいあい、ますたー。


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
扶翼の佳人、玉藻!


私にお手伝いさせてね♪


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
七つ海の海賊、キャプテン・キッド!


ふっふーん、みね撃ちよ♪


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
猫達の女神、バステト!


……ねこ……かわいいよ?


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
導きの魔女、ル・フェイ!


ご名答。りんごをあげる♪


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
悋気の蛇姫、清姫!


うけとって!私の気持ち!


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……
銀幕の吸血鬼、アルカード!


……私の趣味じゃないわ。


……あー、そうですよね。
あれだけかっこよく見栄を張って、
最後の最後で……


そういえば……あたしだけの力では
きっかけを作るだけでしたけど、
○○さん、
よくここにたどり着きましたね。
みんな、忘れちゃったのに。
どうして思い出すことができたの?


では、最後に……
あの人を、呼んであげてください。
あなたなら、きっとできるはずです。

だって、最後はみんな揃った方が
いいと思うんです。だってあたし……
ハッピーエンドが大好きなんです!


思い出の星よ、再び訪れよ、
汝を呼ぶ声に応えて……


……紙芝居屋、アイリス。


あなたたちの事が大好きな、
流浪の紙芝居屋、です♪



あら?
白い服のアイリスさんと、
黒い服のアイリスさんが
一人になっちゃったんですか?


あっ、もしかして……
あたしたち、アイリスさんが生み出した
ロアと言うわけじゃなくて、
○○さんが
物語を語りなおしたから……


思い出星の力は、なにも
○○さん一人の
心に依存してはいません。


この世界の全ての人の夢、
この世界の全ての人の心が、
あたしたちを構成している……
そういうことですよね?


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

なんでもクエストカウンター 台詞集

020-10


<星座のランプを調べる> ※ステラとブーフの会話

あれ、これは何だろう?
綺麗なランプ……



いいでしょー♪
これもまた、人の想いや記憶を
感じ取ってキラキラと輝くの。
……とは言っても、輝くだけで
誰かの記憶が映像として見えるとか、
そういうものじゃないんだけどね。


へぇ……なんか、いいね。
あ、ちょっと気になったんだけど、
その記憶とかってどこから取り込むの?
過去に取り込んだものなのか、
いまこの近くにいるみんなの
記憶を映し出してるのか……?



え?
あー……あたしそういうキカイの
仕組みについてはちょっと……。
まぁ、多分人のいない洞窟の奥とかに
持っていってもちゃんと輝くから、
わからなくても平気よ?


多分って……ふふ、ステラちゃんは
しっかりしてるように見えて、
妙なところで子供っぽいよね。

それにしても、本当に洞窟に
持って行って試したりしたの?



まだ!
だから、今から行ってみない?
この近くの洞窟ってどこかな?


えっと……わたし、インドア派だから、
そういうのは……
キミにお願いしていいかな?



<呼び出す> ※ステラとブーフの会話 ※思い出星の降る季節に呼んでも変わらず

おっ、まっ、たっ、せー!
しました!
あたし、ステラ・ロアと申します!
この思い出星の降る季節……って、
あれあれ!?
もしかしてタイミングずれてる?


あはは、まぁタイミングなんて
気にしなくてもいいじゃない。
キミもそう思うよね?

あ、紹介が遅れたかな。
わたしはブーフ。
よろしくね。



キミ、本は好き?
読むなら、どんな本がいいの?
騎士物語や恋愛小説、冒険譚に
私小説。お料理のレシピやら
数学の研究書もありだよね。



ブーフちゃん、変わらないなー。
あたしにもそれやったよね。

それはともかく、あたしもこの子も
思い出からだったり、本の情報から
だったりと知識は多いんだけど、
実体験が少ないのよね。


運動は……そこまで得意じゃ、
ない、かな……あはは。



試してみなきゃわからないよ?
まずは何事も挑戦だって
誰かが言ってた気がするし♪

と言うわけで、何か面白そうな
事があったら、あたし達にも
教えてくれると嬉しいな。


……みんなで一緒にやるなら、
いいかも……ね。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

心象世界 台詞集

020-11


<パターン1>

ふふふーん。
あたしがこうやってこの世界に
実体を持てるなんて、
長く存在はしてみるもんですねー。


でも、昔から語られている
物語ってだけであって、個人として
生まれたのはつい最近なんですよ。
あたし、若いのかな。
それとも……考えるの、やめよ。


<パターン2>

○○さん、
この雑誌に書いてあるお店、
なんかすっごくおいしいんですって!

今度皆で行ってみませんか!?


<パターン3>

ふっふふ~ん。
次は何をしようかなぁ……
あれ、いつの間にか呼び出しが……?


<ここから共通>

あたしのおうちへようこそ!
なーんていっても、ここはあなたの
心の中なんだけど、さ。


今日はどうする?
この前の思い出話でもする?
秘密の言葉をこっそりとささやいて
見たりする?
それとも、今日は帰る?
あ、お土産があるなら嬉しいな♪


<イリスカード受け取り>

そうそう、見てくださいよ!
この前ルチフェロちゃんと一緒に
冒険に行ったんです♪


やー、戦いがあったってわけでは
ないけど、本当に大冒険でした……
記念写真を焼き増ししたんですけど
一枚いかがですか?


はい、どうぞっ♪
実は二人とも、写真を撮って
もらうのって初めてだったんです。
やー、いいですよねこういうの!


>思い出を聞きたい
>秘密の言葉「ねんだいき」
>秘密の言葉「おもいで」

全部を書いてしまうのも何だか寂しいので省略。
ステラから聞いてこそ来るものがあると思うので直接聞きに行ってください。


>今日は帰る

あ、もう帰っちゃうの?
仕方ないことだけど、
なんだかさみしいなぁ……


また、来てくれるよね?


ええ、またね。
出口まで一緒に行っていい?


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


追加会話に続きます。

Category資料室  - Comment(2) TOP
Genreオンラインゲーム Themeエミルクロニクルオンライン

よくこんな資料集を作っていたな!
ロアイベントのシアター思い出して
ちょっとしんみりした・ω・

こうして見返すと結構能天気っぽい
セリフ使いやね。

魔女:2014/12/03(水) 22:49 | URL | [編集]

>>くまさん
必要になって台詞全部集めたからね……(*╹◡╹)
Wikiがあるから書かないけど、
パートナーの台詞もあるでよ。

能天気な割に消えていくロアの想い預かったり
例え自分が消えてもとか言ったりするところに
私はやられた◞( 、*´▿`)、

ふるえれ:2014/12/04(木) 19:59 | URL | [編集]

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。